当店お勧め おまかせ料理 一人前 税込 9,500円

   お料理7品と土鍋炊きごはん

   (お味噌汁、お漬物、甘味付き)

  品数及びメニュー構成は変更になる場合がございます。

 

 

    御 献 立 

 

 、おばんざい三種

    十種野菜のきんぴら 

    無農薬無肥料栽培の春菊と 

      アワビ茸のお浸し 

    無農薬無肥料栽培野菜の胡麻和え 

      ルッコラ 切り干し大根   

 

  

、無農薬無肥料栽培の大根ふろふ 

   青森県大間の炙り生本マグロ添え 

    柚子胡麻味噌 白髪葱 クレソン

 

           

、お椀 焼き穴子 京都の海老芋  

       木の芽 白髪葱 

 

      

、特選お造り  

 

  

、兵庫県相生産牡蠣クリームコロッケ 

     国産檸檬を絞って

 

かぶら蒸し 山口県萩の甘鯛  

     百合根 木耳 銀杏 本山葵

 

  

、特選熊本あか牛ヒレ肉炭火炙り 

    天然醸造醤油 本山葵 

    沖縄塩 クレソン

 

  

、土鍋炊きごはん  

    赤出汁 香の物

 

 

、甘味 別紙参照

 

 

土鍋炊きごはん 白米 1人前(0.8合)700円

当店のお米は、ポテンシャルを最大限引き出す精米方法にて低負荷五度挽きで自家精米し、

お米を炊くのに最適なお水を厳選し、山形県の天然名水出羽三山を使用して、お米を砥ぎ

一晩浸水し十分に吸水させ、土鍋にて炊き上げております。お米は全ての工程(生産者・管理・精米・砥ぎ・浸水・炊く 等々)を追及することで、最高の美味しさを発揮することができます。

 

土鍋 山形県南陽市 黒澤さんのJAS認証有機栽培米夢ごこち

(粘りが強く、ふんわりほっこりした味わい、明太子や煮魚などと相性が良いお米、稲の生長を助ける為に、はちみつと海藻エキスを混ぜ合わせた栄養ドリンクを稲の穂が出てから散布してます。はちみつの糖は雑菌の繁殖を抑制し、海藻エキスは光合成を活発にして米の登熟を促進します。コシヒカリより多くの養分を必要とし水の管理も難しく、全国でも生産量が少ない為店頭でも見かける機会の少ない品種です) 

 

土鍋 秋田県大潟村 石山さんの無農薬・無肥料の自然栽培米あきたこまち

(粒がしっかりぷっくりの食感、食べ始めはさっぱりしてるが、食べ進むと口の中にお米の旨みが広がり、おかずと食べても存在感抜群の味わい。たまご掛けご飯との相性は抜群。秋田県大潟村で二十年以上、お米の無農薬有機栽培に取り組んできた石山範夫さん。その石山さんは、奇跡のリンゴ農家木村秋則さんとの出会いから、農薬や化学肥料はもちろんのこと、有機質肥料ですら施さない究極の自然農法でお米を育てています。肥料を施さないので当然、全体の収量は落ちますが、極めて生命力の高い稲が育ちます。石山さんによれば、通常の農業の場合に田んぼに入れる肥料分のうち実際に稲が使っているのはわずか1015%に過ぎないそうです。だから思った以上に稲作りには肥料はいらないのです。むしろ現在の田んぼは肥料分が余り過ぎている状態にあるといいます。長年無肥料栽培をしてきた田んぼには、空気中の窒素を原料に肥料分を生み出す力のある水草(藍藻)がたくさん繁殖します。このように肥料が必要なら自然はちゃんとそれを補うようにしてくれるんです。稲や田んぼとの深い対話ができてこそ成り立つ米作りです)

 

土鍋三 秋田県湯沢市 フォレストファームさんの無農薬・無肥料の自然栽培米ササニシキ    

一粒一粒がふっくらしっかり炊き上がりぷっくりした食感、しっかり旨味がるがあと味すっきり、粘りが弱くモチモチしてないお米が好きな方におすすめ、自然の力強さを感じる至福の味わい。農薬、化学肥料、有機肥料も使用しない無肥料栽培で、一般的な栽培方法の五割程度しか収穫量が有りません。この田んぼでは、養分を求めて根っこが広く深く張り、通常の稲では吸収出来ないような豊富な栄養素を吸収します。自然の力がギュッと詰まった、とってもピュアなお米です。「ササニシキ」は、粘りの少ないさっぱりした食感のお米です。コシヒカリなど、粘りの強いお米に比べてアミロースを多く含んでいるため、食後の血糖値の上昇が緩やかになるようです。糖尿病の恐れがある方や、アトピーの方にお役立ていただける可能性があるお米です)

 

土鍋 新潟県佐渡市 矢田さんの無農薬無化学肥料コシヒカリ

(色艶良く粘り強く適度に旨味があり、過剰な甘味がなく自然なお米の力強さを感じる味わい。佐渡島で三十三年も前から従来農業を反省して、安全を第一に農薬を減らした栽培に取り組んでおり、今では農薬を一切使わない農薬無使用と化学肥料無使用で栽培しています。稲に元々備わっている生命力を最大限引き出して行く栄養周期説農法と炭素により田んぼへ集約して植物を活性化させる電子農法です。土作りに対しても、微生物をおからと米ぬか・自家鶏糞等を使って増殖発酵させて、年に三~四回も田んぼに補給しています。最低限の有機物で根を深く深く伸ばして行き、収量はあまり期待できませんが、美味しいお米に育て上げています)

 

土鍋 京都府南丹市 堀さんの多品種混植自然栽培米 夢色米 

(味わいは、すっきりしてるけどお米のピュアな旨みがあり、雑味がなく、存在感は強い不思議な味わい。一切の農薬を用いず、加えて有機質肥料も使わない自然栽培米です。複数多品種のうるち米を一枚の田んぼに混植して育てられており、年月を経ることで交配が繰り返され、品種は特定できないお米。多品種混植で自然に育つ事から稲に多様性が生まれ、土壌の微生物群も複雑化し、病気や環境変化に強く、滋味深いお米が生まれる。そんないのちの不思議と豊かさの詰まった堀さんのお米です)

 

土鍋 京都府亀岡市 はらだ自然農園さん無農薬・無肥料の自然栽培米にこまる  

(粒が大きく上品であっさりした味わい、コシヒカリ程旨味は濃くないが全体がうまく纏まっていて素晴らしい完成度、自然の力強さを感至福の味わい。田んぼに入れる有機物は、稲の肥料ではなく田の生き物達への食べ物という感覚を強く持っています。手間はかかりますが田の生き物を育て土を育てていくことが大切だと考えています。当農園では、収穫時まで稲の活力を保たせるため、最後までしっかり完熟させることを目指しています。味に深みが出て完熟米ならではの味に仕上がります。自然が本来持っている力を最大限に生かした拘りのお米です)

 

土鍋 宮城県加美町 長沼さんの自然栽培米ササシグレ

(粘り弱くあっさりした味わいだが、旨味をしっかり感じられるお米、おかずと食べても存在感抜群の素晴らしい完成度。加美町で代々続く農家の長沼さんは、昭和四十年ごろは多収の時代で、農家は農薬と肥料をばらまいて競争していた。それが低迷して、付加価値が必要になったとき、アイガモ農法などにも取り組んだが、納得がいかず悩んでいた。長沼さんがササシグレを知ったきっかけは「奇跡のリンゴ」で話題になった木村秋則さんとの出会いだった。長沼さんらは、原種からの復活に取り組んだ。無農薬・無肥料の自然栽培では、田んぼに生える雑草と稲を共生させる。雑草との競争の中で稲は強く育つため、長沼さんは「よく観察をして、草を取る回数をできる限り減らすのが重要」と語る

 

土鍋八 茨城県鉾田市 深作農園さんのEM自然農法米コシヒカリ  

(しっとり系、甘味旨味ともにしっかり感じられガツンとくる味わい、海苔の佃煮との相性は抜群。深作農園は「EM自然農法」で、健康な土づくりに取り組んでいます。EM自然農法とは、乳酸菌、酵母などの自然界にいる微生物を八十種類以上組み合わせた「EM菌」を利用して健康な土作りをし、農薬・化学肥料を極力減らし、健康な作物を作る農法です。健康な土が出来れば化学肥料などがなくても強くおいしい作物を作ることができます。強い作物ほど、虫が付きにくいので必然的に農薬の使用もなくなります。

 

土鍋 新潟県長岡市 反町さんの無農薬・無肥料の自然微生物農法米コシヒカリ    

(バランスが良く優等生タイプのコシヒカリ。従来の新潟県産コシヒカリは大変、希少なものとなってしまいました。反町の作る「コシヒカリ」はこのBL種子を使用せず、従来のコシヒカリ種子のみで育て上げた正真正銘、本物の「コシヒカリ」です。微生物(嫌気性菌)を使い、土壌改良した田んぼに農薬、化学肥料を一切使わず育てたお米です。肥料は、米ぬか・鶏糞を使い、稲の生育に合わせ微生物(好気性)を4回葉面散布し、育てています。 日本一の信濃川の水で育てたコシヒカリです。自然と共存共栄し、稲の生命力を最大限に発揮させ、無農薬、無科学肥料で、多収穫、良食味のお米が収穫できる唯一の農法が、自然微生物農法です)

 

プレミアム米  1人前  1350円

土鍋十 島根県出雲市 渡部さんの無農薬・無肥料の自然栽培米仁多米コシヒカリ

(粒がやや大きく、ソフトな中にしっかり感がある、存在感抜群のお米。土作りから手を掛ければ、自然の摂理から自然と雑草や病害虫も減っていくといいます。微生物やミミズなどの土壌生物が生息しやすくなり、分解されやすくなります。乾燥機は使用せず、天日干しをした昔ながらのじっくり旨味を蓄える製法です。自然に逆らった方法で米を作ってもいつかはその仕返しは食べる人間に来る。その行き着くところが、昔ながらの手間隙掛けた農業だったといいます。但し、昔と違うのは、「自然力」を利用すること。自然は人間が思う以上に力を持っています。それを生かしてやれば、健康な収穫物が出来ることを渡部悦義さんは勧めてきました)