当店お勧め おまかせ料理 一人前 税込 9,500円

   お料理7品と土鍋炊きごはん

   (お味噌汁、お漬物、甘味付き)

  品数及びメニュー構成は変更になる場合がございます。

 

 

    御 献 立 

 

 、放し飼い鶏の有精卵を使った茶碗蒸し

   無添加塩水馬糞ウニのせて 

       本葛の薄餡掛け

 

  

、おばんざい三種  

    十種野菜のきんぴら 

 自然栽培蓮草 

       焼き海苔の山葵醤油和え  

  地鶏胸肉と山独活の 

        生姜柚子胡麻味噌和え   

 

      

 

、お椀 青森県産焼き目桜鱒  

      しろ菜 白髪葱 柚子

 

  

、特選お造り

 

  

、佐賀県産ホワイトアスパラ炭火炙り 

    焦がしバターと 

        ペコリーノチーズ掛け  

       フランス産エシレバター使用

 

  

、徳島の黒ムツ炭火炙り 

    自然栽培大根の鬼おろし 酢橘

 

  

熊本あか牛柔らか煮 

      デミグラスソース仕立て

 

 

、土鍋炊きごはん

    赤出汁 香の物

  

    ご飯のお供(別紙参照 別料金) 

 

 

、甘味 別紙参照

 

 

 

土鍋炊きごはん 白米 1人前(0.8合)700円

当店のお米は、ポテンシャルを最大限引き出す精米方法にて低負荷五度挽きで自家精米し、

お米を炊くのに最適なお水を厳選し、山形県の天然名水出羽三山を使用して、お米を砥ぎ

一晩浸水し十分に吸水させ、土鍋にて炊き上げております。お米は全ての工程(生産者・管理・精米・砥ぎ・浸水・炊く 等々)を追及することで、最高の美味しさを発揮することができます。

 

土鍋 山口県長門市 くら里木さんの無農薬・無肥料の自然栽培米 ぴかまる

(柔らかく粘りが強くもち米のような味わい、一般的な味わいとは異なる、個性派の低アミロース米。本州の端にある自然豊かな半島で、無農薬・無肥料で育てた棚田のお米です。この土地特有の海風に含まれるミネラルや粘土質の赤土に加え、棚田に流れる独立した用水は四方の広葉樹の森のミネラルを豊富に含み、くら里木のお米をさらに美味しく育ててくれます。生態系を壊さないようにするために基本的に肥料を加えることはせず、田んぼから出る米糠、藁、籾殻といった有機物だけを、また田んぼに返すだけの農法です。土壌にいる微生物を含め、生き物たちが土の栄養素をつくりだし、自然のバランスがとれた環境の中で育った稲は、本来の生命力が発揮され土に力強く根を張り、エネルギ溢れる力強い味のお米に育つことができます)

 

土鍋 秋田県大潟村 石山さんの無農薬・無肥料の自然栽培米 あきたこまち

(粒がしっかりぷっくりの食感、食べ始めはさっぱりしてるが、食べ進むと口の中にお米の旨みが広がり、おかずと食べても存在感抜群の味わい。たまご掛けご飯との相性は抜群。秋田県大潟村で二十年以上、お米の無農薬有機栽培に取り組んできた石山範夫さん。その石山さんは、奇跡のリンゴ農家木村秋則さんとの出会いから、農薬や化学肥料はもちろんのこと、有機質肥料ですら施さない究極の自然農法でお米を育てています。肥料を施さないので当然、全体の収量は落ちますが、極めて生命力の高い稲が育ちます。石山さんによれば、通常の農業の場合に田んぼに入れる肥料分のうち実際に稲が使っているのはわずか1015%に過ぎないそうです。だから思った以上に稲作りには肥料はいらないのです。むしろ現在の田んぼは肥料分が余り過ぎている状態にあるといいます。長年無肥料栽培をしてきた田んぼには、空気中の窒素を原料に肥料分を生み出す力のある水草(藍藻)がたくさん繁殖します。このように肥料が必要なら自然はちゃんとそれを補うようにしてくれるんです。稲や田んぼとの深い対話ができてこそ成り立つ米作りです)

 

土鍋三 島根県出雲市 渡部さんの無農薬・無肥料の天日乾燥自然栽培米 イセヒカリ

(粒がやや大きく、やや硬めの食感で食べ応えのあるお米。現在、伊勢神宮ではイセヒカリという品種のお米を、神に捧げるお米(御神米)としています。平成元年イセヒカリという品種は突如として現れました。その現れた場所というのは伊勢神宮の水田でした。まるで神が地上に植えたかの様です。きっと宮司さん達もそう思ったのでしょう、このお米は十年近くの間、門外不出とされていました。そんなドラマチックなお米ですが、話題性だけではなく品質もまた素晴らしいものでした。米の美味しさを図る数値に食味値というものがありますが、イセヒカリの数値は県の推奨品種基準を軽く超えています。渡部さんは、無農薬はもちろん肥料も使わずにお米を栽培しています。土作りから手を掛ければ、自然の摂理から自然と雑草や病害虫も減っていくといいます。微生物やミミズなどの土壌生物が生息しやすくなり、分解されやすくなります。乾燥機は使用せず、天日干しをした昔ながらのじっくり旨味を蓄える製法です。自然に逆らった方法で米を作ってもいつかはその仕返しは食べる人間に来る。その行き着くところが、昔ながらの手間隙掛けた農業だったといいます)

 

土鍋 熊本県八代市 稲本さんの無農薬・無肥料の自然栽培米 ヒノヒカリ

やや硬めの食感で粘り少な目、あっさりした味わいで噛みしめる程に旨味を感じるお米。昭和五十二年に無農薬で米つくりをスタート。今から四十一年前の事です。当時は周りの理解も得られず、しかも雑草だらけで収穫もわずかでした。そのような中でも理念を貫き、昭和五十五年から無肥料自然栽培での米つくりを続けています。平成二年頃に特定害虫とされ多くの農家を悩ませていた「ジャンボタニシ」が雑草を食べ、稲に害を与えない田んぼの管理を近隣の生産者と発見し、技術体系し除草管理にも目途がたちました。現在ではこの方法で各地の無農薬、無肥料自然栽培生産者が除草から解放されてきています。現在は、当時では考えられなかった大和タニシとジャンボタニシが共生し、命あふれる生態系がよみがえっています。≪土≫をいただく米つくり。土がだんだん良くなってくると、農薬を使わなくてもきれいな農産物ができる。稲本さんはそう言います。大和タニシとジャンボタニシが共生し、命あふれる生態系の水田でお米が作られています)

 

土鍋 長野県茅野市 こぼし農園さんの天日乾燥・無農薬・無肥料の自然栽培米 コシヒカリ

(粒がぷっくりしていて上品であっさりした味わい、食べやすいタイプのコシヒカリ。標高一〇〇〇mの里山、大泉山の麓、冬は氷点下十五度にまで下がる時もあります。昼夜の寒暖差が作物のからだ作りに厳しさを与え美味しさにつながります。自然栽培とはあえて、無肥料で根を増やし、微生物を活発にしながら稲を育てる栽培方法です。微生物との自然の循環の中で 育ったお米の味はとても風味豊かな味わいになります。 ミネラルやデンプン、タンパク質も稲が必要とするだけの自然な味です)

 

土鍋 京都府南丹市 コバタケファームさんの無農薬・無肥料の自然栽培米 亀の尾

(粘り弱く粒感があり硬めの食感、交配をしていない在来種なので、コシヒカリ系とは違い素朴な味わい、お肉料理と合わせやすいお米。明治三十年から脈々と受け継がれている在来種の一つです。亀の尾は、コシヒカリやササニシキなどの祖先にあたるお米です。無農薬でお米を育てることは、想像以上に大変な作業です。除草剤や農薬を使ってしまえば、草取りや病気の心配がなく、非常に楽にお米が作れます。しかし、一度蒔いてしまったものを取り除き、元の状態に戻すことはできません。一人一人がしたこと、それは小さいことかもしれませんが、多くの人が毎年やり続ければ、無視できないほど大きなダメージを自然界に与えてしまいます。農薬・除草剤・肥料を一切使用せず、自然の循環の中で、植物本来の力だけで育て、厳しい環境を生き抜いた作物は生命力にあふれ滋味豊かで本物の味が楽しめます)

 

土鍋 京都府南丹市 堀さんの多品種混植自然栽培米 夢色米 

(味わいは、すっきりしてるけどお米のピュアな旨みがあり、雑味がなく、存在感は強い不思議な味わい。一切の農薬を用いず、加えて有機質肥料も使わない自然栽培米です。複数多品種のうるち米を一枚の田んぼに混植して育てられており、年月を経ることで交配が繰り返され、品種は特定できないお米。多品種混植で自然に育つ事から稲に多様性が生まれ、土壌の微生物群も複雑化し、病気や環境変化に強く、滋味深いお米が生まれる。そんないのちの不思議と豊かさの詰まった堀さんのお米です)

 

土鍋八 福島県喜多方市 菅井さんの特別栽培米 夢ごこち

(粘りが強く、しっとりもちりした食感、明太子や煮魚などと相性が良いお米。このお米は三菱化学のグループ会社「植物工学研究所」が美味しいお米を求めて開発し、コシヒカリを品種改良し誕生した究極のお米です。ごこちはコシヒカリより玄米成分中2%ほどアミローズ含量が低く、たんぱく質も抑えている為、ボリューム感がありしっとりとした食感があります。コシヒカリより多くの養分を必要とし水の管理も難しく、全国でも生産量が少ない為店頭でも見かける機会の少ない品種です。福島県喜多方市のさらに山手にあるのが菅井さんの住む熱塩加納村。熱くてしょっぱい温泉の熱塩温泉や日中ダムの足元にある日中温泉など温泉場が近くにあり、山は木々が生い茂る。冬は寒く雪深く夏は暑く厳しい自然環境の中、有機農法を四十年以上続けてきた豊かな土壌が育む極上の農産物の中にお米があります)

 

土鍋 新潟県新潟市北区 上野さんの無農薬・無肥料の自然栽培米コシヒカリ      

(素晴らしくバランス良くしっかりと旨味のある優等生コシヒカリ。上野農場では農薬や化学肥料をできるだけ使わない米を育ててゆきたいと考えています。合鴨やチェン除草・機械除草などの有機栽培を始め特別栽培なにも施さない自然栽培を実践しております。私たちは生物多様性や環境保全型農業に取り組んでいます。自然栽培とは作物の生命を最大限活かすことです。もちろん農薬や化学・有機肥料などは使用しないことです。太陽と水、土と昔からそこに生きている土着菌と人の目と手をかけ自然の力を活かし、作物の力を引き出して育てる栽培です。肥料も有機物も入れないことで、メタンガスや亜酸化窒素などの温室効果ガスの発生が抑えられ、環境に負担を掛けません、また農薬や肥料を施さない為、地下水や河川、海を汚さずに豊かな自然を再生します)

 

土鍋十 島根県出雲市 渡部さんの無農薬・無肥料の自然栽培米コシヒカリ  一三五〇円

(粒がやや大きく、ソフトな中にしっかり感がある、存在感抜群のお米。土作りから手を掛ければ、自然の摂理から自然と雑草や病害虫も減っていくといいます。微生物やミミズなどの土壌生物が生息しやすくなり、分解されやすくなります。乾燥機は使用せず、天日干しをした昔ながらのじっくり旨味を蓄える製法です。自然に逆らった方法で米を作ってもいつかはその仕返しは食べる人間に来る。その行き着くところが、昔ながらの手間隙掛けた農業だったといいます。但し、昔と違うのは、「自然力」を利用すること。自然は人間が思う以上に力を持っています。それを生かしてやれば、健康な収穫物が出来ることを渡部悦義さんは勧めてきました)