おまかせ料理 一人前 税込 9,500円

   お料理7品と土鍋炊きごはん

   (お味噌汁、お漬物、甘味付き)

  品数及びメニュー構成は変更になる場合がございます。

 

 

    御 献 立 

 

、おばんざい三種

    十種野菜のきんぴら

    岩手県産天然の行者大蒜と

       地鶏の柚子胡麻味噌和え

    自然栽培野菜とベーコンの

       ポテトサラダ

       放し飼い鶏有精卵を使った

               自家製マヨネーズ

 

、お椀 毛蟹真丈 自然栽培し

      白髪葱 青柚子

 

、お造り盛り合わせ

     

、山口県萩の甘鯛 

   北九州合馬産新筍おろし蒸し

     無添加塩水馬糞ウニをのせて 

       青さ海苔の葛餡掛け

 

、特選熊本あか牛サーロイン炭火炙り

     天然醸造醤油 本山葵 沖縄塩 

 

、お浸し盛り合わせ 本葛の薄餡掛け

   ルネッサンストマト 自然栽培ルッコラ  

  自然栽培法蓮草 自然栽培スナップエンドウ

  

、北海道室蘭の本鱒炭火炙り

     自然栽培大根の鬼おろし 酢橘

 

、土鍋炊きごはん 

     無農薬野菜の自家製糠漬け 赤出汁

     ご飯のお供(別紙参照 別料金)

 

、甘味 別紙参照   

 

 

 

土鍋炊きごはん 白米 1人前(0.8合)700円

当店のお米は、ポテンシャルを最大限引き出す精米方法にて低負荷五度挽きで自家精米し、

お米を炊くのに最適なお水を厳選し、山形県の天然名水出羽三山を使用して、お米を砥ぎ

一晩浸水し十分に吸水させ、土鍋にて炊き上げております。お米は全ての工程(生産者・管理・精米・砥ぎ・浸水・炊く 等々)を追及することで、最高の美味しさを発揮することができます。

 

土鍋 山口県長門市 くら里木さんの無農薬・無肥料の自然栽培米 ぴかまる

(柔らかく粘りが強くもち米のような味わい、一般的な味わいとは異なる、個性派の低アミロース米。本州の端にある自然豊かな半島で、無農薬・無肥料で育てた棚田のお米です。この土地特有の海風に含まれるミネラルや粘土質の赤土に加え、棚田に流れる独立した用水は四方の広葉樹の森のミネラルを豊富に含み、くら里木のお米をさらに美味しく育ててくれます。生態系を壊さないようにするために基本的に肥料を加えることはせず、田んぼから出る米糠、藁、籾殻といった有機物だけを、また田んぼに返すだけの農法です。土壌にいる微生物を含め、生き物たちが土の栄養素をつくりだし、自然のバランスがとれた環境の中で育った稲は、本来の生命力が発揮され土に力強く根を張り、エネルギ溢れる力強い味のお米に育つことができます)

 

土鍋 群馬県沼田市 金井農園さんの有機栽培米 真田のコシヒカリ小松姫

(適度な食感で、しっかりとした旨味の王道コシヒカリの味わい。真田のコシヒカリ小松姫は初代沼田城主 真田信之公夫人 小松姫の発案により、水不足に悩む領民を救うため、真田家が整備した真田用水から流れてくるきれいな雪どけ水を使って栽培いたしましたお米です。昼夜の寒暖の差ときれいな雪どけ水が、美味しいお米を育みます。自然環境に恵まれた沼田盆地で栽培された真田のコシヒカリ小松姫は、生産量が少ないため幻のお米といわれています。 お米本来の美味しさを、小松姫の想いと共にご堪能ください。平成五年から有機栽培に取り組んできました。有機認証は、国際的な統一基準に基づいています。その概要は作付前、二年以上化学合成肥料や農薬を散布しないこと。遺伝子組み換え種苗を使わないこと。堆肥などによる土づくりを行うこと。などです。お米のコンテストは数多くありますが、お米日本一コンテストと食味分析鑑定コンクール国際大会が、業界の注目度及び規模的にも、高い評価を受けております。弊社では、二〇一五年から米コンテストに本格的に参加いたしております。国内最大の米コンテスト「食味分析鑑定コンクール国際大会」において、金賞を受賞いたしました)

 

土鍋三 福岡県遠賀郡 筋田さんの無農薬・無肥料の自然栽培米 遠賀のひかり「きらめき」

(無肥料自然栽培故に小粒、しかし、穀物の王様のとしての風格のある、栄養過多な現代人に迎合しない、粒身のある、さらりとした食感、旨味の価値観を甘さにおく人には理解できない野性味、滋味。苗の植え方には独自のこだわりがあります。稲が自分の力で強く逞しく豪快に育っていれば、虫食いや病気にも負けません。慣行農法と収穫量の差はほとんどなく、少なくても一割減、慣行農法の田んぼで病気が流行ったときでも、無肥料自然栽培の稲は病気に強いので、慣行農法に比べて収穫量は一割増ぐらいになることもあります。稲作りは「苗半作」という言葉を大切にしている筋田さん。苗作りをていねいにすることが、丈夫で健康な稲作りにつながる、苗を健康で丈夫に育てることがとても大切なことなんです。苗箱にはもちろん肥料は入れません、代掻きした田んぼに苗を広げると、しばらくぐったりしていた苗も自力で土から栄養を吸収し、丈夫で力強い苗に育ちます。肥料を投入しないで栽培する無肥料自然栽培(農薬も肥料も使わない栽培方法)のお米は、慣行農法や有機農法などで肥料をふんだんに与えたお米とは明らかな違いがあります。貴重なお米ですので、その違いをよくご理解いただいた上で、食べていただけると幸いです)品種「ヒノヒカリ}

 

土鍋 京都府南丹市 堀さんの多品種混植  無農薬・無肥料の自然栽培米 夢色米     

 

(味わいは、すっきりしてるけどお米のピュアな旨みがあり、雑味がなく、存在感は強い不思議な味わい。種籾の準備、春の苗作りから秋の収穫まで一切の農薬を用いず、加えて有機質肥料も使わない自然栽培米です。複数多品種のうるち米を一枚の田んぼに混植して育てられており、混植された稲の株下には艶めかしいコナギが青々と茂り、種々多様な水田植物、イネ科の人里植物たちが稲のまわりでいのちの多様性を支えています。年月を経ることで交配が繰り返され、品種は特定できないお米。多品種混植で自然に育つ事から稲に多様性が生まれ、土壌の微生物群も複雑化し、病気や環境変化に強く、滋味深いお米が生まれる。そんないのちの不思議と豊かさの詰まった堀さんのお米です)

 

土鍋 佐賀県白石町 岩永さんの無農薬・無肥料の自然栽培米

(やや粘り強めの食感、後味がとてもスッキリしていてピュアな味わい。お米を食べた感が残らない不思議なお米です。岩永さんのお米は自然栽培で育てたものです。農薬も化学肥料も投入していません。また、有機肥料も投入していません。自然栽培のお米はおおむね米粒が小さく、細長く感じられることもあります。また、色彩分別していないため少量の雑穀(黒米や赤米等)が混ざっています。岩永さんは大地に根ざした稲の種を代々採りつないでいます。自家採種により脈々とつながるその稲には、その土地にあったように育つ不思議なパワーが感じられるそうです。実際に同じ土地で四世代を育てると、誰が見ても分かるほど、丈夫で大きく育ちます。「うちの米、食糧事務所の人が見たら「これはく米ですね」って言われますよ。当然、虫が喰ったようなのがまだ残っているし、うちのは古代米が混ざってもいるし、とても今のニーズというか、一般的な商品としては合わないです。よく肥料で作物ができるって言うけどね、僕は「周りを見ようよ」っていうんです。雑草なんか肥料やって育っているとこ、どこもないですもんね。だから、地球のエネルギーで育つんだから、そんなのは必要ないと思っているんですよ。ああいうのを入れたために虫が発生したりとかね」岩永さんのお米は二十年以上取りつないだ種を使用しているため、岩永さんいわく「原種に戻るのではないか」というように、元の品種とは違った特徴が出ております)

 

土鍋 京都府南丹市 コバタケファームさんの無農薬・無肥料の自然栽培米 京都旭一号

(粘り弱く粒感があり硬めの食感、交配をしていない在来種なので、コシヒカリ系とは違い素朴な味わい京都旭1号は100年前に生まれた京都の在来種で、「コシヒカリ」や「あきたこまち」と言った品種の先祖でもあります。人工的な掛け合わせや遺伝子組み換えなどしていない京都の在来種で固定種である京都旭一号は、でんぷんによる米アレルギーをお持ちの方にも召し上がって頂ける可能性のあるお米です。現在もちっとした食感が好まれることからアミロペクチンが多く含まれる米が多く市場に出回っていますが、米アレルギーは、このアミノペクチンが原因と言われています。高アミロース低アミロペクチンである京都旭一号は米アレルギー対策のお米と考えられます。農薬・除草剤・肥料を一切使用せず、自然の循環の中で、植物本来の力だけで育て、厳しい環境を生き抜いた作物は生命力にあふれ滋味豊かで本物の味が楽しめます)

 

土鍋 宮城県大崎市 小野寺さんの無農薬自然農法栽培 雁音米

(やや硬めの食感、米粒がやや長く噛みしめる程に旨味を感じるお米。宮城県大崎市田尻の大崎平野には、冬が近づくとシベリアから4万5千羽の真雁が飛来します。真雁の捕食したクリーンな植物から発生したフンは、土の中の微生物たちによって分解され、土をますます肥沃にしてくれるのです。日本は世界でもワースト3に入る農薬使用国です。日本のわずかな耕地にベトナム戦争に枯れ葉剤として使われたのとほぼ同量のダイオキシンが農薬として使われています。史上最大規模の人体実験と称した学者もいます「雁音米」は、農薬を一切使っていません。また、稲ワラやモミガラなど有機質の肥料を使用し、試行錯誤の末、田んぼは表面のほんの僅かしか耕しません。田んぼを耕さないことで、おびただしい動植物たちと共生させながら育てられ、稲が持つ本来の生命力を最大限に引き出す事ができるのです。「赤トンボと一緒に育ったお米です。一切田起こしをしない不耕起の水田に直接田植えをします。すると稲が必死に根をはわせるため、結果として病害虫に強い稲が育ちます。田にはホタル、どじょう、タニシ、そして赤トンボが育ち、冬には白鳥や雁がやって来ます。雁音米は、売るためではなく、食べていただくためにつくりました」)品種「つや姫」

 

土鍋八 福岡県遠賀郡 筋田さんの無農薬・無肥料の自然栽培米 遠賀のひかり「かがやき」

もっちりとした食感、甘味のある味わいで、お魚料理と相性が良いお米。筋田さんは、苗の植え方には独自のこだわりがあります。稲が自分の力で強く逞しく豪快に育っていれば、虫食いや病気にも負けません。慣行農法と収穫量の差はほとんどなく、少なくても一割減、慣行農法の田んぼで病気が流行ったときでも、無肥料自然栽培の稲は病気に強いので、慣行農法に比べて収穫量は一割増ぐらいになることもあります。稲作りは「苗半作」という言葉を大切にしている筋田さん。苗作りをていねいにすることが、丈夫で健康な稲作りにつながる、苗を健康で丈夫に育てることがとても大切なことなんです。苗箱にはもちろん肥料は入れません、代掻きした田んぼに苗を広げると、しばらくぐったりしていた苗も自力で土から栄養を吸収し、丈夫で力強い苗に育ちます。肥料を投入しないで栽培する無肥料自然栽培(農薬も肥料も使わない栽培方法)のお米は、慣行農法や有機農法などで肥料をふんだんに与えたお米とは明らかな違いがあります。貴重なお米ですので、その違いをよくご理解いただいた上で、食べていただけると幸いです)品種「ヒカリ新世紀}

 

土鍋 新潟県新潟市北区 上野さんの無農薬・無肥料の自然栽培米コシヒカリ      

(素晴らしくバランスが良くしっかりと旨味のある優等生コシヒカリ。上野農場では農薬や化学肥料をできるだけ使わない米を育ててゆきたいと考えています。合鴨やチェン除草・機械除草などの有機栽培を始め特別栽培なにも施さない自然栽培を実践しております。私たちは生物多様性や環境保全型農業に取り組んでいます。自然栽培とは作物の生命を最大限活かすことです。もちろん農薬や化学・有機肥料などは使用しないことです。太陽と水、土と昔からそこに生きている土着菌と人の目と手をかけ自然の力を活かし、作物の力を引き出して育てる栽培です。肥料も有機物も入れないことで、メタンガスや亜酸化窒素などの温室効果ガスの発生が抑えられ、環境に負担を掛けません、また農薬や肥料を施さない為、地下水や河川、海を汚さずに豊かな自然を再生します)

 

土鍋十 島根県出雲市 渡部さんの無農薬・無肥料の自然栽培米コシヒカリ  一三五〇円

(粒がやや大きく、ソフトな中にしっかり感がある、存在感抜群のお米。土作りから手を掛ければ、自然の摂理から自然と雑草や病害虫も減っていくといいます。微生物やミミズなどの土壌生物が生息しやすくなり、分解されやすくなります。乾燥機は使用せず、天日干しをした昔ながらのじっくり旨味を蓄える製法です。自然に逆らった方法で米を作ってもいつかはその仕返しは食べる人間に来る。その行き着くところが、昔ながらの手間隙掛けた農業だったといいます。但し、昔と違うのは、「自然力」を利用すること。自然は人間が思う以上に力を持っています。それを生かしてやれば、健康な収穫物が出来ることを渡部悦義さんは勧めてきました)