おまかせ料理 一人前 税込 9,500円

   お料理6品と土鍋炊きごはん

   (お味噌汁、お漬物、甘味付き)

  品数及びメニュー構成は変更になる場合がございます。

 

    御 献 立 

 

、帆立貝柱柿の種衣揚げ

  自然栽培の無花果胡麻和え

 

、自然栽培のお野菜を使ったお浸し

   吉野本葛の薄餡掛け 酢橘を絞って 

     蓴菜 オクラ 南瓜 茄子

     ミニトマト ズッキーニ

   

、北海道産とうもろこし掻き揚げ  

     最高級太白胡麻油一〇〇%使用

 

、お椀 ブータン産松茸 蓴菜 三つ葉

   放し飼い鶏有精卵のかき玉仕立て 

 

、特選お造り  

   

、新蓮根餅 宮城の活〆焼き穴子のせ

     鼈甲餡掛け 白髪葱 本山葵

    

、熊本あか牛サーロイン炭火炙り

    天然醸造醤油 本山葵

    酢橘 鬼おろし

  自然栽培叩き胡瓜 唐辛子もろみ味噌

 

、島根県浜田の

    ノドグロ一夜干し炭火炙り  

  

、土鍋炊きごはん  

    赤出汁 香の物

 

、甘味 別紙参照

 

 

前菜(2人前)     

おばんざい三種り 1800円

十種野菜のきんぴら 胡麻和え 

     茄子と茗荷のお浸し

  

自然栽培のお野菜胡麻和え 800円

 

十種野菜のきんぴら 800円

  

自然栽培のお野菜を使ったお浸し盛り合わせ

      酢橘を絞って 1600円

 

  

  新生姜と野菜のサラダ

  胡麻とピーナッツのドレッシング 1300円

 

 

 

 

お肉料理(2人前)

 

熊本あか牛阿蘇王の特製小さな

  煮込みハンバーグ 1800

 

スーパーゴールデンポーク

  肩ロースソテー 2800円

 

スーパーゴールデンポーク

  豚カツ 2800円

 

岩手の純和鶏赤鶏炭火炙り1300

 

熊本あか牛

  メンチカツ 1200円

 

特選松坂牛トモサンカク

 低温しゃぶしゃぶ  5600

 

 特選松坂牛ランプ

 炭火炙り 100g 5600

おろし玉葱の醤油ソース

 

お造り(2人前)

三点盛り 12切れ 4000円

 特選ノドグロ炭火タタキ 4800円

 天然ブリ 北海道 2400円

 朝〆天然スズキ 愛知県 3200円

 無添加塩水ウニ 北海道 3600円

 

焼き魚 紀州備長炭使用 (2人前)

 北海道産本シシャモオス炭火炙り 700円

 天然紅鮭ハラス炭火炙り 1200円

 越田商店のサバ文化干し炭火炙り1400円

 北海道産真イワシ丸干し炭火炙り 1600円

 竹岡産特選太刀魚塩炭火炙り 4000円

 浜田産ノドグロ一夜干し炭火炙り 5600円

 

一品(2人前)

とうもろこし掻き揚げ 900円

 

宮城の活〆穴子カツ 本山葵 1800円

 

山形県産甘鯛松笠揚げ 3600円

 

インカルージュを使ったクリームコロッケ

 北海道産無添加塩水馬糞ウニのせ 2400円

 

 放し飼い鶏の有精卵の出汁巻き玉子 1000円

 

新蓮根餅 焼き穴子をのせて鼈甲餡掛け 2400円

 

 

 

      

土鍋炊きごはん 白米 1人前(0.8合)700円

当店のお米は、ポテンシャルを最大限引き出す精米方法にて低負荷五度挽きで自家精米し、

お米を炊くのに最適なお水を厳選し、山形県の天然名水出羽三山を使用して、お米を砥ぎ

一晩浸水し十分に吸水させ、土鍋にて炊き上げております。お米は全ての工程(生産者・管理・精米・砥ぎ・浸水・炊く 等々)を追及することで、最高の美味しさを発揮することができます。

 

土鍋 福島県耶麻郡猪苗代町 つちや農園さんのミルキークィーン

(軟らかく粘り強くもちりした餅米のような食感、じんわり感じる甘味、お魚やお肉料理と合わせるより、お漬物やお塩と相性が良いお米。化学肥料を使わず有機肥料を使用し、農薬使用を最低限に抑えた特別栽培農産物認証米です。ビタミン・ミネラル・カルシウムを豊富に含んでおり、食味検査でも全国トップレベルの数値を出しています。収穫したお米は低温乾燥で自然に近い乾燥方法で仕上げております。平成二十八年度産米について、福島県では放射性物質の全袋全量検査が実施されています。検査の結果、当農園のお米すべてにおいて、放射性物質は検出されておりません

 

土鍋二 新潟県魚沼市(旧広神村・広瀬産)覚張さんのJAS認証有機栽培米コシヒカリ

(粘りが強く旨み甘味共にしっかり感じられ、これぞ魚沼コシヒカリの貫禄。魚沼市の中心から破間川に沿って数キロ上流にのぼった権現堂の山々に囲まれた盆地にあります。この地域は、破間川と田んぼに浄水をもたらす多くの雪を蓄積する権現堂が、まさに豪雪地帯である魚沼地域の豊かな自然の恵みを育み、日本一といわれる魚沼産コシヒカリを育ててくれます。本当に良いも創るためには、妥協や余計なコスト意識はありません。労力を惜しまず稲と生物の共生、そして無農薬、有機肥料で手間暇をかけて育てました)

 

土鍋三 宮城県加美町 長沼さんの自然栽培米ササシグレ

(粘り弱くあっさりした味わいだが、旨味をしっかり感じられるお米、おかずと食べても存在感抜群の素晴らしい完成度。加美町で代々続く農家の長沼さんは、昭和四十年ごろは多収の時代で、農家は農薬と肥料をばらまいて競争していた。それが低迷して、付加価値が必要になったとき、アイガモ農法などにも取り組んだが、納得がいかず悩んでいた。長沼さんがササシグレを知ったきっかけは「奇跡のリンゴ」で話題になった木村秋則さんとの出会いだった。長沼さんらは、原種からの復活に取り組んだ。無農薬・無肥料の自然栽培では、田んぼに生える雑草と稲を共生させる。雑草との競争の中で稲は強く育つため、長沼さんは「よく観察をして、草を取る回数をできる限り減らすのが重要」と語る)

 

土鍋 新米 佐賀県白石地区 特別栽培米七夕コシヒカリ

(ふっくらピカピカの炊き上がり、新米ならではの瑞々しい味わい、早場米の中では毎年安定した美味しいお米。七夕コシヒカリの生産地は佐賀県内有数の米どころ、土質は重粘土で地力に富み稲作には最適の土地柄です。堆肥・有機質配合肥料を使用して栽培するお米で環境に優しく自然の恵みをいっぱい受けて育ちます。旧暦の七夕に収穫されることから「七夕コシヒカリ」と命名され、お盆前の暑い日に刈り取りをしますので、収穫後二時間以内に風による乾燥をして、品質重視の米づくりを心掛けています)

 

土鍋 京都府南丹市 堀さんの多品種混植自然栽培米 夢色米 

(味わいは、すっきりしてるけどお米のピュアな旨みがあり、雑味がなく、存在感は強い不思議な味わい。一切の農薬を用いず、加えて有機質肥料も使わない自然栽培米です。複数多品種のうるち米を一枚の田んぼに混植して育てられており、年月を経ることで交配が繰り返され、品種は特定できないお米。多品種混植で自然に育つ事から稲に多様性が生まれ、土壌の微生物群も複雑化し、病気や環境変化に強く、滋味深いお米が生まれる。そんないのちの不思議と豊かさの詰まった堀さんのお米です)

 

土鍋 島根県出雲市 渡部さんの自然栽培米仁多米コシヒカリ

(粒がやや大きく、ソフトな中にしっかり感がある、存在感抜群のお米。化学肥料、農薬(除草剤)散布はしていません土作りから手を掛ければ、自然の摂理から自然と雑草や病害虫も減っていくといいます。微生物やミミズなどの土壌生物が生息しやすくなり、分解されやすくなります。乾燥機は使用せず天日干しをした昔ながらのじっくり旨味を蓄える製法です。自然に逆らった方法で米を作ってもいつかはその仕返しは食べる人間に来る。その行き着くところが、昔ながらの手間隙掛けた農業だったといいます。但し、昔と違うのは、「自然力」を利用すること。自然は人間が思う以上に力を持っています。それを生かしてやれば、健康な収穫物が出来ることを渡部悦義さんは勧めてきました

 

土鍋七 熊本県八千代市 稲本さんの自然栽培米ヒノヒカリ

(やや硬めの食感で粘り少な目、あっさりした味わいで噛みしめる程に旨味を感じるお米。自然栽培歴三十五年目の熊本の巨匠、稲本薫さんのお米です。≪土≫をいただく米つくり。土がだんだん良くなってくると、農薬を使わなくてもきれいな農産物ができる。稲本さんはそう言います。大和タニシとジャンボタニシが共生し、命あふれる生態系の水田でお米が作られていますまた熊本にある東海大学農学部で無農薬、無肥料自然栽培を研究されている片野學教授とともに、平成七年「環境保全型農業技術研究会」を設立。稲本さんは初代副会長を務められ多くの方の指導にも奔走されています)

 

土鍋八 福島県喜多方市 菅井さんのJAS有機栽培米 夢ごこち

(粘りが強く、しっとりもちりした食感、明太子や煮魚などと相性が良いお米。このお米は三菱化学のグループ会社「植物工学研究所」が美味しいお米を求めて開発し、コシヒカリを品種改良し誕生した究極のお米です。ごこちはコシヒカリより玄米成分中2%ほどアミローズ含量が低く、たんぱく質も抑えている為、ボリューム感がありしっとりとした食感があります。ゆっくりと稲が堆肥の栄養を取り込み健康で元気な稲が育ちます。熟成させた堆肥はお米が実ってからも実に吸い上げられてお米の旨みとなります。コシヒカリより多くの養分を必要とし水の管理も難しく、全国でも生産量が少ない為店頭でも見かける機会の少ない品種です)

 

土鍋九 茨城県鉾田市 深作農園さんのEM自然農法米コシヒカリ  

(しっとり系、甘味旨味ともにしっかり感じられガツンとくる味わい、海苔の佃煮との相性は抜群。深作農園は「EM自然農法」で、健康な土づくりに取り組んでいます。EM自然農法とは、乳酸菌、酵母などの自然界にいる微生物を八十種類以上組み合わせた「EM菌」を利用して健康な土作りをし、農薬・化学肥料を極力減らし、健康な作物を作る農法です。健康な土が出来れば化学肥料などがなくても強くおいしい作物を作ることができます。強い作物ほど、虫が付きにくいので必然的に農薬の使用もなくなります。

 

土鍋 京都府亀岡市 はらだ自然農園さんの自然栽培米にこまる

(粒が大きく上品であっさりした味わい、コシヒカリ程旨味は濃くないが全体がうまく纏まっていて素晴らしい完成度、自然の力強さを感至福の味わい。田んぼに入れる有機物は、稲の肥料ではなく田の生き物達への食べ物という感覚を強く持っています。手間はかかりますが田の生き物を育て土を育てていくことが大切だと考えています。当農園では、収穫時まで稲の活力を保たせるため、最後までしっかり完熟させることを目指しています。味に深みが出て完熟米ならではの味に仕上がります。自然が本来持っている力を最大限に生かした拘りのお米です)