おまかせ料理 一人前 税込 9,500円

   お料理7品と土鍋炊きごはん

   (お味噌汁、お漬物、甘味付き)

  品数及びメニュー構成は変更になる場合がございます。

 

 

    御 献 立 

 

 、おばんざい三種

    十種野菜きんぴら

    北海道帯広 

      山西さんの越冬百合根素揚げ

    無花果胡麻和え 

 

、とうもろこし掻き揚げ 沖縄塩

       最高級太白胡麻油一〇〇%使用

 

、お椀 毛蟹と帆立貝柱真薯 

     ブータン産松茸 自然栽培オクラ   

 

、お造り盛り合わせ

 

、北海道直送 自然栽培アスパラガス

    ペコリーノチーズ 

       パンプキンシードオイル掛け

  

北海道函館の黒ソイと

   三重の地蛤酒蒸し 熱々胡麻油掛け

 

、熊本あか牛ヒレ肉低温しゃぶしゃぶ

     無添加の蒸し雲丹 クレソン

      特製醤油ダレと卵黄掛け 

 

、土鍋炊きごはん 

     自然栽培野菜の自家製糠漬け 赤出汁

     ご飯のお供(別紙参照 別料金)

 

、甘味 別紙参照   

 

 

 

土鍋炊きごはん 白米 1人前(0.8合)700円

当店のお米は、ポテンシャルを最大限引き出す精米方法にて低負荷五度挽きで自家精米し、

お米を炊くのに最適なお水を厳選し、山形県の天然名水出羽三山を使用して、お米を砥ぎ

一晩浸水し十分に吸水させ、土鍋にて炊き上げております。お米は全ての工程(生産者・管理・精米・砥ぎ・浸水・炊く 等々)を追及することで、最高の美味しさを発揮することができます。

          自然栽培のお米をメインに取り揃えております。

自然栽培のお米は、農薬や肥料を使わずに育てた力強いお米です。

   過剰な甘味が無く奥深い素朴な味わいで、後味がすっきりしております

一般的に流通しているお米とは味わいが異なります。

お米本来の美味しさを感じて頂ければ幸いです。

 

土鍋 山口県長門市 くら里木さんの無農薬・無肥料の自然栽培米 ぴかまる

(柔らかく粘りが強くもち米のような味わい、一般的な味わいとは異なる、個性派の低アミロース米。本州の端にある自然豊かな半島で、無農薬・無肥料で育てた棚田のお米です。この土地特有の海風に含まれるミネラルや粘土質の赤土に加え、棚田に流れる独立した用水は四方の広葉樹の森のミネラルを豊富に含み、くら里木のお米をさらに美味しく育ててくれます。生態系を壊さないようにするために基本的に肥料を加えることはせず、田んぼから出る米糠、藁、籾殻といった有機物だけを、また田んぼに返すだけの農法です。土壌にいる微生物を含め、生き物たちが土の栄養素をつくりだし、自然のバランスがとれた環境の中で育った稲は、本来の生命力が発揮され土に力強く根を張り、エネルギ溢れる力強い味のお米に育つことができます。お米が生きている。健全に育つことができる。当たり前の状態と思われそうですが、私たちがふだん食べているお米で、これがしっかりと実現できているものは、実際はかなり少ないのが現状です。お米は秋に収穫されたものを、その後の一年間保存しながら食べる作物です。効率を優先されて栽培され続けた結果、秋の時点で発芽できない、発芽してもうまく育たない状態になったお米。日々食べているお米が、健全に育てない発芽不良の生きていない鮮度の低いお米であった場合、ご自分や大切ご家族の身体の為に、安心安全なお米をおいしく食べたいと願っていても、その想いを支える土台になるとは思えません。農薬の有無などはもちろん大事なことですが、健全に育つことのできる生きているエネルギーのある美味しいお米であるかどうかは、同じぐらい大切なことだと思います)

 

土鍋 福島県会津若松市 長尾農園さんの無農薬・無肥料の自然栽培長尾米

(やや硬めでもちり弾力のある食感、過剰な甘味がなく個性的な味わいのお米。福島県の会津若松市で農業をしている長尾農園の誇る自然栽培のお米です。元々無農薬有機栽培をしていた田んぼで五年ほど前から採れたお米の稲藁だけを戻してそれ以外の肥料、堆肥は一切使用しないで栽培されたお米です。また、十年以上自家採種を繰り返しておりますので、長尾農園以外からは買うことができません。栽培するためには山に囲まれた豊かな水と土が必要で、それを最大限に活かすための技術が必要です。また、収穫量も通常の栽培の半分になってしまうとても、貴重なお米です。普通の栽培のお米は、化学肥料でなにもしないでも栄養のもらえるお米です。無理やり大きくされた肥満体のようなお米です。しかし、長尾米は、自分で食べ物をとりにいかないと、自分で身体を大きくしないと、生きていけない厳しい状況で育てられたお米で、いわば細マッチョのようなお米です。ただ、その美味しさは本物で独特の香りと凝縮された、米の旨味が一気にきます。その、会津の大自然によってつくられた風景や香り、風が感じられます。過去に国際米食味分析鑑定コンクールや、各種コンクールでの受賞歴もございます。この機会にぜひ会津のお米の自然の美味しさを感じてください)

 

土鍋三 秋田県大潟村 石山さんの無農薬・無肥料の自然栽培米 ササニシキ

(粒がしっかりした食感、とてもバランスの良い素晴らしいササニシキ。食べ進むと口の中にお米の旨みが広がり、おかずと食べても存在感抜群の味わい。秋田県大潟村で二十年以上、お米の無農薬有機栽培に取り組んできた石山範夫さん。その石山さんは、奇跡のリンゴ農家木村秋則さんとの出会いから、農薬や化学肥料はもちろんのこと、有機質肥料ですら施さない究極の自然農法でお米を育てています。肥料を施さないので当然、全体の収量は落ちますが、極めて生命力の高い稲が育ちます。石山さんによれば、通常の農業の場合に田んぼに入れる肥料分のうち実際に稲が使っているのはわずか1015%に過ぎないそうです。だから思った以上に稲作りには肥料はいらないのです。むしろ現在の田んぼは肥料分が余り過ぎている状態にあるといいます。長年無肥料栽培をしてきた田んぼには、空気中の窒素を原料に肥料分を生み出す力のある水草(藍藻)がたくさん繁殖します。このように肥料が必要なら自然はちゃんとそれを補うようにしてくれるんです。稲や田んぼとの深い対話ができてこそ成り立つ米作りです)

 

土鍋 熊本県八代市 稲本薫さんの無農薬・無肥料自然栽培米

(過剰な甘さが無く旨味が詰まった味わい。梅干と焼き海苔の相性は抜群。昭和五十二年に無農薬で米つくりをスタート。今から約三十五年前の事です。当時は周りの理解も得られず、しかも雑草だらけで収穫もわずかでした。そのような中でも理念を貫き、昭和五十五年から無肥料自然栽培での米つくりを続けています。平成二年頃に特定害虫とされ多くの農家を悩ませていた「ジャンボタニシ」が雑草を食べ、稲に害を与えない田んぼの管理を近隣の生産者である遠山氏と発見し、技術体系し除草管理にも目途がたちました。現在ではこの方法で各地の無農薬、無肥料自然栽培生産者が除草から解放されてきています。現在は、当時では考えられなかった大和タニシとジャンボタニシが共生し、命あふれる生態系がよみがえっています。また熊本にある東海大学農学部で無農薬、無肥料自然栽培を研究されている片野學教授とともに、平成七年「環境保全型農業技術研究会」を設立。稲本さんは初代副会長を務められ多くの方の指導にも奔走されています。稲本薫さんは自信の名前の通り、「稲」を「本」とした人生を送るなかで、「薫」あるお米をつくり、食べて頂く方々が健康になり、食卓で笑顔を増やすことが自分の使命、天命と自認し日々邁進しています)

 

土鍋 香川県大野原町 荒木さんの無農薬・無肥料の自然栽培米 朝日

(しっかりと旨味があり、やや硬めの食感、現代のお米と違い在来種ならではの独自の味わい。この朝日と品種は、純粋な「米」と言われている在来種です。今で有名な品種は、コシヒカリ、ひとめぼれ、ヒノヒカリ、あきたこまちなどありますが、これらはうるち米ともち米の交配で誕生したお米なのです。昭和三十年代くらいからうるち米ともち米の交配でモチモチしたお米が出来上がってきましたが、同時に糖尿病の発症率も上がってきてるそうです。現にササニシキを食べて血糖値が下がったと言う方もおられるそうです。私が朝日米を作ろうと思ったのも、こんな病気の方でもまたアレルギーの方でも食べていただける安心安全で人の体に良いものにしたい!と言う思いからでした。あとはこのお米の一粒一粒に宿る命をいかに質の良い力強い命にするか。これは生産者によって変わってくる所です。全ての食材は命あるものです。その命をいただく事我々は生命を繋いでいます。だからこそ食材の命の質を少しでも高いものとして消費者の皆様に届ける事、そしてそのお米を食された方が万年健康で過ごせる事が出来ますようにとの思いを込めてお米を作る事が自分の役割だと思っています)

 

土鍋 佐賀県白石町 岩永さんの無農薬・無肥料の自然栽培米

(やや粘り強めの食感、後味がとてもスッキリしていてピュアな味わい。お米を食べた感が残らない不思議なお米です。岩永さんのお米は自然栽培で育てたものです。農薬も化学肥料も投入していません。また、有機肥料も投入していません。自然栽培のお米はおおむね米粒が小さく、細長く感じられることもあります。また、色彩分別していないため少量の雑穀(黒米や赤米等)が混ざっています。岩永さんは大地に根ざした稲の種を代々採りつないでいます。自家採種により脈々とつながるその稲には、その土地にあったように育つ不思議なパワーが感じられるそうです。実際に同じ土地で四世代を育てると、誰が見ても分かるほど、丈夫で大きく育ちます。「うちの米、食糧事務所の人が見たら「これはく米ですね」って言われますよ。当然、虫が喰ったようなのがまだ残っているし、うちのは古代米が混ざってもいるし、とても今のニーズというか、一般的な商品としては合わないです。よく肥料で作物ができるって言うけどね、僕は「周りを見ようよ」っていうんです。雑草なんか肥料やって育っているとこ、どこもないですもんね。だから、地球のエネルギーで育つんだから、そんなのは必要ないと思っているんですよ。ああいうのを入れたために虫が発生したりとかね」岩永さんのお米は二十年以上取りつないだ種を使用しているため、岩永さんいわく「原種に戻るのではないか」というように、元の品種とは違った特徴が出ております)

 

 

土鍋 熊本県菊池山鹿市菊鹿町 冨田さんの無農薬・無肥料の自然栽培 冨田自然米

(ツヤツヤ綺麗な炊き上がりで上品な味わいのお米。冨田さんは今、使命感を感じています。日本中に一四〇万戸ほど存在する水稲農家。その内の大多数の人は農薬の使用になんの疑問を抱かずお米を栽培しています。「農薬は人体に危険」だと認識しており、自家用米だけは無農薬で栽培しても販売用の米は農薬を使用して栽培している農家も少なくありません。それでは、無農薬米の生産者が無農薬栽培を世間に広げるために、今するべきことはなんなのでしょうか。「無農薬米の生産者が高みに登る。それが一番の近道」。無農薬・自然栽培歴三十八年。その人生の大半を無農薬に捧げ、菊池の有機栽培のパイオニアの一人としてこの分野をリードしてきた冨田さん。「私たち無農薬米の生産者がより注目を浴びれば、そういう米作りもあるんだと気づく生産者も多くなる」。四十年近く登り続けている無農薬栽培という巨岳。安全なお米を日本中に広げるために冨田さんは頂を目指します。本当の米作りには農薬はもちろん、肥料さえもいらない。安全とは健康であり、健康とは自然そのものである。そして世の中の全ての作物は安全でなければならない。「この自然栽培を通じて世界中の人々が健康になれば、そんなに嬉しいことはない」)

 

土鍋八 京都府亀岡市 はらだ自然農園さんの無農薬・無肥料の自然栽培米 にこまる 

(粒が大きくしっかりめ、上品であっさりした味わい、コシヒカリ程旨味は濃くないが全体がうまく纏まっているお米、自然の力強さを感至福の味わい。田んぼに入れる有機物は、稲の肥料ではなく田の生き物達への食べ物という感覚を強く持っています。手間はかかりますが田の生き物を育て土を育てていくことが大切だと考えています。自然農法無農薬栽培の基本のひとつは自家採種です。この田んぼで育ち、この田んぼに適応した種もみを毎年選別して残していきます。そうして代々受け継いでいきながらこの土地の、この風土の、この田んぼに合った種に育っていきます。種もみもまた育っていくのです。自然農法無農薬の種もみを育て残していくことは自然農法水稲栽培を営むものにとっては欠かすことのできないとても大切な仕事です。そうして自家採種した種もみには、栽培者の思いや願いや真心も詰まっています。自家採種した種もみから育てた無農薬栽培のお米は一味違います。当農園では、収穫時まで稲の活力を保たせるため、最後までしっかり完熟させることを目指しています。味に深みが出て完熟米ならではの味に仕上がります。自然が本来持っている力を最大限に生かした拘りのお米です.私達のモットー、それは無農薬、無除草剤、無化学肥料はもちろんのこと、自分達家族が安心して食べることができる、自分が本当に食べたいと思える無農薬のお米を、消費者の健康と幸せを願いながら精一杯育てることです)

 

土鍋 新潟県新潟市北区 上野さんの無農薬・無肥料の自然栽培米      

(素晴らしくバランスが良くしっかりと旨味のある優等生コシヒカリ。上野農場では農薬や化学肥料をできるだけ使わない米を育ててゆきたいと考えています。合鴨やチェン除草・機械除草などの有機栽培を始め特別栽培なにも施さない自然栽培を実践しております。私たちは生物多様性や環境保全型農業に取り組んでいます。自然栽培とは作物の生命を最大限活かすことです。もちろん農薬や化学・有機肥料などは使用しないことです。太陽と水、土と昔からそこに生きている土着菌と人の目と手をかけ自然の力を活かし、作物の力を引き出して育てる栽培です。肥料も有機物も入れないことで、メタンガスや亜酸化窒素などの温室効果ガスの発生が抑えられ、環境に負担を掛けません、また農薬や肥料を施さない為、地下水や河川、海を汚さずに豊かな自然を再生します)

 

土鍋十 島根県出雲市 渡部さんの無農薬・無肥料の天日乾燥自然栽培米 特選仁多米  1350円

 全国お米・食味分析鑑定コンクール金賞受賞米

(粒がやや大きく、ソフトな中にしっかり感がある、存在感抜群のお米。土作りから手を掛ければ、自然の摂理から自然と雑草や病害虫も減っていくといいます。微生物やミミズなどの土壌生物が生息しやすくなり、分解されやすくなります。乾燥機は使用せず、天日干しをした昔ながらのじっくり旨味を蓄える製法です。自然に逆らった方法で米を作ってもいつかはその仕返しは食べる人間に来る。その行き着くところが、昔ながらの手間隙掛けた農業だったといいます。但し、昔と違うのは、「自然力」を利用すること。自然は人間が思う以上に力を持っています。それを生かしてやれば、健康な収穫物が出来ることを渡部悦義さんは勧めてきました)